キウイな生活 ☆ニュージーランド通信☆

北島ベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報、日々の生活を配信しています!

ケリケリ ベイシン (Kerikeri Basin) のんびりゆったり癒される場所
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ケリケリ ベイシン (Kerikeri Basin) のんびりゆったり癒される場所

ケリケリの町の中心部から2.5㎞ほど、車で5分くらいの場所にストーンストアとケンプハウスがありますが、ケリケリ川流域にあるその一帯はケリケリ ベイシン (Kerikeri Basin)と呼ばれています。ご覧の通り、とても気持ちのよい場所で、時間がゆっくり流れているようなのんびりとした時間を過ごすことができます。下の方で見ると、こんな感じです。この写真を撮った日は引き潮だったため、川底がちょっと見えちゃってます。気持ちの...
ストーンストアとケンプハウス(ニュージーランド最古の建造物)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ストーンストアとケンプハウス(ニュージーランド最古の建造物)

ベイオブアイランズの観光拠点パイヒアから約23㎞、車で20分ちょっとの場所にあるのがケリケリです。そのケリケリにも、ベイオブアイランズからニュージーランドという国としての歴史が始まった痕跡を見ることができる場所があります。ストーンストア(Stone Store)は1832年から1836年にかけて建てられた、ケリケリ・ベイシンと呼ばれるケリケリ川流域にニュージーランド最古の石造建造物です。オーストラリアの囚人を石工労働者...
ホール・イン・ザ・ロック Hole in the Rock ~ベイオブアイランズで一番人気のクルーズ~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ホール・イン・ザ・ロック Hole in the Rock ~ベイオブアイランズで一番人気のクルーズ~

Hole in the Rock? 一体何でしょうか?答えはあまりにも簡単。《曇っていて残念》その名の通り、穴の開いた岩です。ベイオブアイランズの入り組んだ湾から外海に出てすぐ、ブレット岬 Cape Brettの目の前の海にポッカリ頭を出している大きな岩がそれです。《水上飛行機から・・・残念ながらもうないのですが、今はヘリコプター遊覧を楽しむこともできます。》岩・・・ですが、実はモトゥコカコ島 Motukokako Islandという島です...
カウリの森 プケティ・フォレスト Puketi Forest
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

カウリの森 プケティ・フォレスト Puketi Forest

ニュージーランドには、現在は伐採禁止になっているカウリという木があります。その詳細は【カウリ ニュージーランドの大切な巨木】をご覧ください。今では北島のごく限られた地域にしかカウリの森は残っていません。その貴重なひとつ、プケティ・フォレスト Puketi Forestはパイヒアから車で30~40分ほど、ケリケリの北西方面の内陸部にあります。カウリにしたら小ぶりですが、一般的な木から考えたら巨木と呼ぶに相応しい木もた...
世界初!サーカス体験ができる!アクションワールド Action World
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

世界初!サーカス体験ができる!アクションワールド Action World

ニュージーランド、しかも人気の観光地とはいえ田舎のベイオブアイランズに、なんと世界初!というアトラクションがあるのです。それが、アクションワールド Action Worldです。といっても、普通の先進国にある普通のテーマパークや遊園地のような立派なものを想像してはいけません。アクションワールドのオーナーご夫婦(フレディとキャロル)は世界をまわっていた元サーカスのスター、空中ブランコの名手だったそうです。様々な...
タイムスリップしたような蒸気機関車の旅
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

タイムスリップしたような蒸気機関車の旅

昔、カワカワとオプアの間には蒸気機関車が走っていました。当時はオプア港との間で荷物を運ぶ役割を果たしていました。それが時代とともに観光用となり、長い間観光客を楽しませてくれていましたが、とにかく古いもののため故障をしてもその部品の調達が難しくなり、何年もの間走っていませんでした。多くの寄付とボランティアのおかげで、2007年、何とかディーゼル機関車を使用して再開通することができるようになりました。しか...
 反対側から見たハルル滝 Haruru Falls
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

反対側から見たハルル滝 Haruru Falls

下の写真は、一般的にハルル滝(Haruru Falls)を訪れた時に見る滝です。国道側から車で行った場合は橋のすぐ手前、ハルル滝の方から見ると橋の向こう(対岸)に一見他人の家に入るような感じの入り口があります。実はそこは公共の場所なので入っていいのですが、特に何もないので入る人はあまりいないと思います。そこからハルル滝を反対側から見ることができます。低木が生えていることもあり、思うような場所から写真が撮れなか...
ハルル滝 Haruru Falls
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ハルル滝 Haruru Falls

我が家から車で1分、歩いても15分ほどの場所にHaruru Fallsという滝があります。パイヒアからは、国道11号線をケリケリ方面に4.5kmほど行った場所に位置しています。ワイタンギ川 Waitangi Riverにある、高さよりも幅の方が広い滝で、馬蹄型をしたその形は滝としては珍しいものだそうです。もちろん規模は全く違いますが、ミニチュア版のナイアガラの滝と表現する人も結構いる滝です。(笑)「Haruru」とは「大きな音」という意味だ...
ニュージーランドの田舎町にある世界的に有名なトイレ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ニュージーランドの田舎町にある世界的に有名なトイレ

オーストリア人のアーティスト/建築家であるフリーデンスライヒ・フンデルトワッサー(Friedensreich Hundertwasser)氏をご存知ですか。地元ではフレドリックと呼ばれ、私たちもそう呼んでいました。 特にヨーロッパではかなり有名な人らしいのですが、日本ではどうでしょうか?美術に疎い私は知りませんでした。祖国オーストリアのウィーンにはフンデルトヴァッサーハウスと呼ばれるユニークな集合住宅があります。 さて、オー...