キウイな生活 ☆ニュージーランド通信☆

北島ベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報、日々の生活を配信しています!

なぜ島に行って算数の勉強!?


~ただ今のニュージーランド時間~
2017年11月8日

ニュージーランドの学校のTerm4(ターム4、4学期)は、少なくとも私が知っている日本人の親の間では「遊んでばかりで勉強しているのか?」と思ってしまうような学期です。(笑)

特に私立学校に通う息子。少人数だからできることもたくさんあるとは思うのですが、11月は毎週イベントがあります。

そのひとつが昨日の「島に行って算数の勉強をする」イベント。

islandmath1.jpg
《昨日のために作られた冊子》

他の学年も行っているのかはわかりませんが、Year8(8年生)の息子たちのクラス全員参加で、クラスメート4人の親のボートと校長先生のボートを利用しての一日でした。

islandmath2.jpg

昨日はご覧の通りの快晴!

ケリケリから出航するものもありましたが、我が家はワイタンギの桟橋に来てくれるボートに乗ることになり、学校には行かず直接ワイタンギへの送迎。

ライフジャケット必須なんですが、持っていない息子は知り合いに借りました。

さて、島まで行って、本当に算数の勉強をするのか?

息子に聞いてみたところ、一応やったらしいですが、ほぼ遊んでいたようです。やっぱりね(笑)

帰りは息子の乗っていたボートが故障。先生からワイタンギではなくオプアに来てくれと連絡がありました。と思っていたら、10分程経つとまた連絡があり、故障したボートをけん引していたそうなのですが、エンジンがかかったのでやはりワイタンギに向かうとのことで、無事ワイタンギに到着。

故障ハプニングの遅れで、学校に戻ってスクールバスに乗るはずだった子が乗り遅れる事態になったため、クラスメート一人をカワカワの家まで送り届けたりと、最後はなんだかバタバタしましたが楽しい一日だったようです。

それにしても・・・なんでわざわざ島に行って算数の勉強なんでしょうね!?

この先も息子は「Big Day Out」と呼ばれるキャンプ場で遊ぶ一日、ディスコナイト、2日間に渡る様々なアクティビティを楽しむことができる日、「ナノガール」という科学のショーを見るためのオークランド一泊(希望者)、学校主催の花火大会と毎週何かしらのイベントがあります。その他に学校での特別な集会もあったりします。

なんだか、楽しそうですよね~。母の私はその予定を忘れないようにするのが精いっぱいです!

気がつくと、ついこの間春休みが終わって学校が始まったと思っていたのに、あと1ヶ月で4学期も終了。実際に4学期って毎年短いんですよね・・・

関連:【ニュージーランドの学校の仕組み】

関連記事