ニュージーランド情報 ☆ 北島ベイオブアイランズより

ニュージーランドのいろいろな情報やベイオブアイランズを中心とした観光案内などを配信しています!

ニュージーランドからレジ袋が消える!


~ただ今のニュージーランド時間~
2018年8月11日

いろいろなところで、プラスチックによる環境汚染が問題視されるようになっています。

ニュージーランドのアーダーン首相は、昨日10日、その対策のひとつとして使い捨てのプラスチック製レジ袋の使用を来年7月までに段階的に廃止、禁止していくことを発表しました。

rubbishban1.jpg

ニュージーランドでは年間大量のレジ袋が消費され、その一部が海や河川を汚染しているとして、例えば大手スーパーのひとつであるカウントダウン Countdownは、政府の発表より前に、ニュージーランドで最初に年末までにレジ袋の提供を段階的にやめることを発表していました。

※2018年8月17日追記:地元のCountdownで、その店舗では10月でプラスチックのレジ袋は撤去するよと言われました。

賛否両論は確かにあるのですが、環境問題への関心が高いニュージーランドなので、政府の決定に概ね好意的のようです。

この発表の前にも多くのスーパーやホームセンターではレジ袋一枚10~15セント程度で販売するところも多くなってきていて、消費者にマイバックの持参を促していました。

日本でも少し前からレジ袋は販売しているスーパーやマイバック持参の人にはポイントをつけてくれるといったことをやっていますよね。

ニュージーランドでは小規模小売店にもこの禁止令を適用するようなんですが、日本だとどうでしょうか。便利さが売り物のコンビニもレジ袋が有料になる日が来るのでしょうか?

rubbishban2.jpg

我が家もショッピングバッグを購入したりして徐々に前進してはいたのですが、車の中に積んではあっても店内に持っていくのを忘れることもしばしば(^^;)

バッグを忘れたある時、清算後買ったものをそのままショッピングカートに再度戻し、その後車のトランクに入っているショッピングバッグに自分で入れたのですが、この方法が結構いいということに気づきました。お店の人の中には、バッグに商品を入れるのが苦手(というか、ヘタクソ)な人もいて時々嫌な思いをしたことがあるのですが、そういう意味でもこの方法はお勧めです。

ニュージーランドでは上の写真のような形のショッピングバッグが多いです。ただ、このタイプはヘナっとしてちゃんと立ってくれないので私は下の写真のような頑丈なタイプが好みです。

rubbishban3.jpg

この頑丈タイプはカラフルだったりおしゃれだったりするものが多く、ニュージーランド旅行の際にはお土産もかねて買ってみるのもいいかもしれませんね。

購入するこういったバッグが高いと思うかどうかはその人次第ですね。我が家では形や大きさなどの使い勝手の良さもあり、買い物以外にも結構重宝しています。

保冷タイプのバッグもあります。

rubbishban4.jpg

今までレジ袋を再利用していた様々なことに対して、テレビで「こういうのはどうるすればいいのよ!?」という町の人たちの声を取り上げていました。それへの回答としてというわけではないでしょうが、ニュースサイトでは下記のような解決策がいくつか載っていました。

〇ゴミ箱にビニール袋等は使わず、こまめにぬるま湯と洗剤で洗う。
〇新聞などをゴミ箱に敷く。
〇犬のふんにはパンが入っていた袋を使う。
〇残飯などはゴミ箱を汚す主役ですが、ごみの収集日まで凍らせておく。

なんか、大真面目なんでしょうが、ちょっとクスッと笑ってしまいました。

そうですね~。我が家もキッチンにあるゴミ箱対策をどうしましょうか・・・

関連記事