The Kiwi Times☆ニュージーランド通信

北島ベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報、日々の生活を配信しています!

ニュージーランドは今日は女王陛下の誕生日で祝日なんですが、実は誕生日じゃないんです!


~ただ今のニュージーランド時間~
2017年6月5日

qe.jpg
写真:Patrick Begbie@Flickr

6月の第一月曜日は「Queen's Birthday クイーンズ・バースデー、女王様の誕生日」で、ニュージーランドは全国的に祝日です。

女王様って誰?って方もいるかもしれませんね。

イギリス連邦の一員であるニュージーランドの女王様は、そう、イギリスのエリザベス女王です。今年91歳になられました。お元気ですよね。

nz20dollarnote

ニュージーランドでは広く親しまれているエリザベス女王。20ドル札紙幣にもその姿を見ることができます。

ちなみに皇室関係でちょっと余談ですが、世界で最も偉い、というか、権威があるのは誰なのか知ってますか?

それは、なんと、我が日本国の天皇陛下なんですよ。

その順番は以下のような感じです。

皇帝(Emperor)>法王(Pope)>王/女王(King/Queem)>大統領(President)>首相(Premier)

正確に言うと、ローマ法王と同等。世界に「Emperor」と呼ばれるのは日本の天皇陛下しかいないそうです。

天皇陛下とイギリス女王が同席する時は、女王陛下は天皇陛下に上座を譲ります。

ローマ法王が各国に行った時、通常そこの元首が法王の元に出向いて謁見します。でも、日本に来た時だけは、法王が皇居の天皇陛下に謁見しに行くそうです。

ひゃー。日本の天皇陛下ってすごい人なんですね。

そんな今上天皇と皇后陛下、そして現皇太子殿下と言葉を交わしたことがあるのが私のプチ自慢です。そして、とても光栄なことだと思ってます。

さて、女王様の誕生日の話に戻りますが、実は女王様の誕生日は今日でもなければ、6月でもありません。

え?

その理由は【女王陛下の誕生日 Queen’s Birthday】をご覧ください!
関連記事