The Kiwi Times☆ニュージーランド通信

北島ベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報、日々の生活を配信しています!

【八百万の神々】~ニュージーランドとポリネシアと日本のつながり~その5


~ただ今のニュージーランド時間~
ニュージーランドを含むポリネシアと日本のつながりをいくつか話題にしてきましたが、ここでは信仰や宗教感に目を向けてみたいと思います。

日本と同様にマオリ社会にもキリスト教が普及していますが、日本もマオリも外来の宗教に融合されたり忘れ去られたりすることなく、現在も固有の信仰や習慣が受け継がれていると言っていいと思います。

maori_20180428184100117.jpg

キリスト教(や他の宗教)を信仰しているマオリの人たちも、昔からの信仰感は忘れていないと思います。自然への脅威や尊敬の念は今も根強くあるように感じます。

例えば、クリスチャンのマオリの人に地域のある場所には行っちゃだめだよと、実際に私は言われたことがあります。「なんで?」と聞くと、「スピリチュアル的な場所だから。」とのこと。こういう「タプ Tapu」と呼ばれる場所や物はニュージーランド中にあります。マオリの人が大切にしている場所/物とでも言いましょうか。立ち入ったり触ったりすると災いがあると言われています。これもクリスチャン的考えではないですよね。日本人にも理解できる感覚ではないでしょうか。

ちょっと余談ですが、マオリの方のキリスト教普及率はちょっとわからないのですが、日本の場合はカトリックとプロテスタントを合わせても百万人程度で、人口の1%にも満たないそうです。これほど一神教を信じる人間が少ない国はほかにないと言われるくらいの数だそうです。

waitangiground8.jpg

また、マオリと日本の土着信仰というか宗教観というかには似たようなところがあると思います。それは、生命が宿っている宿っていないに関わらず、この世に存在するものの全てに神または聖なる力が宿ると捉えるところです。

マオリの人たちは日本人と同様に手先が器用で、伝統的な彫刻は見事なものです。マラエ(集会所)、おみやげ屋さんにある木彫りの置物やペンダント、ワカ(戦闘用かカヌー)などで見たことがある方は多いと思います。それら一つ一つにも精魂込められた魂が入っていますし、とても大事にされるものです。日本でも長年使ってきた針を捨てるのではなく感謝する針供養などにも見られるように、「物」に対しても魂といういうか、その「物」の神みたいなものを見出しますよね。

また、日本でも「森の神」とか「山の神」とか「海の神」とかを恐れ敬うように、マオリの人たちも「森の神」とか「山の神」とか「海の神」といった考え方があります。北島西海岸の「タネ・マフタ Tane Mahuta」はその姿もさることながら、その意味はマオリ語で「森の神」という意味です。

Tanemahuta2.jpg
《タネ・マフタ Tane Mahuta》

マオリ創世記みたいな神話があるのですが、昔、夫で男性神である空の神と妻で女性神である大地の神がいたそうです。2人の間に6人の子どもが生まれ、森の神、風の神、海の神、戦いの神、農耕の神、平和の神としての役割がありました。

日本の古事記でも、日本の始まりはイザナギとイザナミという夫婦で、子供が何人かは諸説あるようですが、風の神、木の神、山の神、海の神、川の神、岩の神、石の神、火の神などがいたと言われています。

とても興味深く、またとても似たような「始まりの神話」ではないでしょうか。

みなさんはどのように感じますか?私は個人的にこじつけているでしょうか?

【モアナと伝説の海】~ニュージーランドとポリネシアと日本のつながり~その1
【謎の島ハワイキ】~ニュージーランドとポリネシアと日本のつながり~その2
【発音のつながり】~ニュージーランドとポリネシアと日本のつながり~その3
【言葉のつながり】~ニュージーランドとポリネシアと日本のつながり~その4


関連記事:【ワイポウア・フォレスト Waipoua Forestと森の神様 タネ・マフタ Tane Mahuta】

関連記事