☆ニュージーランド通信☆

反対側から見たハルル滝 Haruru Falls

ベイオブアイランズ★ガイド 観光
下の写真は、一般的にハルル滝(Haruru Falls)を訪れた時に見る滝です。

harurufalls2.jpg

国道側から車で行った場合は橋のすぐ手前、ハルル滝の方から見ると橋の向こう(対岸)に一見他人の家に入るような感じの入り口があります。実はそこは公共の場所なので入っていいのですが、特に何もないので入る人はあまりいないと思います。

そこからハルル滝を反対側から見ることができます。

uraharuru1.jpg

低木が生えていることもあり、思うような場所から写真が撮れなかったので左や下の写真からは分かりにくいかもしれません。

でも、個人的感想ですが、こちらから見る滝の方が大きくダイナミックに見えるような気がします。

位置の関係から滝を真上から見下ろすような形になります。滝を上から見るのは数少ないですよね。

uraharuru2.jpg

ハルル滝に行かれる方は、せっかくですので反対側にも足を運んでみてください。その場所の存在はあまり知られていないので、人がいることは滅多にないと思います。

全く違う2つの滝を見たような気がするはずですよ。

ハルル滝の詳細は【ハルル滝】をご覧ください。


このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。



ベイオブアイランズ★ガイド 観光