gtag('config', 'UA-109715912-1'); ハルル フォールズ/ハルル滝 Haruru Falls - ベイオブアイランズ★観光

☆ニュージーランド通信☆

ハルル フォールズ/ハルル滝 Haruru Falls

ベイオブアイランズ★観光
ベイオブアイランズの拠点パイヒアから国道11号線をケリケリ方面に4.5kmほど場所にハルル フォールズ Haruru Fallsという滝があります。


harurufalls1.jpg

ハルルフォールズはどんな滝?

ワイタンギ川 Waitangi Riverにある、高さよりも幅の方が広い滝で、馬蹄型をしたその形は滝としては珍しいものだそうです。

もちろん規模は全く違いますが、ミニチュア版のナイアガラの滝と表現する人も結構いる滝です。(笑)

「Haruru」とは「大きな音」という意味だそうで、普段でも滝の近くでは水の流れ落ちる勢いのよい音が聞こえます。

普段穏やかな表情を見せている滝も大雨が降った後の姿は壮観で、その音もまたスゴいです。

harurufalls3.jpg

その音とは対照的に、水が流れ落ちた場所は深く広い静かな水域が広がっています。そして、ワイタンギ川はこのまま穏やかに海へと流れていきます。

ハルルフォールズの歴史

カヌーを使うことも多かったマオリの人たちは昔からこの一帯の立地条件を上手に利用しており、周囲の河岸には多くの部族が村を構えていたそうです。ヨーロッパ人入植後はNZ初の道路も造られ、河港として栄えました。多くのカウリ材がここから運ばれて行ったそうです。
注:現在はカウリの伐採は禁止されています。詳しくは下記リンクページをご覧ください。



harurufalls2.jpg

ハルルフォールズの今

現在は、時間が静かに流れている感じの場所です。

ワイタンギからハルル滝までのウォーキングコース(全長約6km)があります。気持ちの良いウォーキングコースなのでお勧めです。

harurufalls4.jpg

また、上の写真のように滝つぼまでカヤックで行くツアーもあります。経験がある方はカヤックだけ借りて行くことももちろん可能です。

パイヒアからは車で5分ほどの場所です。車のない方も、パイヒアからハルルフォールズまで国道11号線沿いに歩道があるので、歩いて行くことも可能です。

ぜひ立ち寄ってみてください。

その時は、橋を渡って反対側からの滝を見てみてくださいね。

YouTube動画



関連記事:


同じカテゴリーの記事【ベイオブアイランズ★観光】
このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。