☆ニュージーランド通信☆

NZ南島キャンピングカー旅行記2016(5)フリーダムキャンプ プカキ湖 Lake Pukaki

NZ南島キャンピングカー旅行記2016年12月
≪2016年12月にキャンピングカーで南島南半分を旅行。その時の旅行記?回顧録?です≫



今回のキャンピングカーの旅で楽しみにしていたことのひとつが「フリーダムキャンプ Freedom Camping」。

「フリーダムキャンプ Freedom Camping」というのは、ホリデーパークと呼ばれるキャンプ場などではない場所に「無料」でキャンピングカーを止めて一晩過ごすことです。

今回キャンピングカーを借りた会社の話によると、「フリーダムキャンプ禁止」の場所でなければ、基本的にはどこに止めて一晩明かしてもいいということでしたが、通常のキャンプ場や超安いキャンプ場、環境省管轄のキャンプ場の他、フリーダムキャンプができる場所を調べることができるアプリを利用しました。

ちなみに、町や観光地の中心部はフリーダムキャンプ禁止のところがほとんどです。フリーダムキャンプ禁止区域はインフォメーションセンターやそれぞれの地域の役所のホームページでわかります。違反すると、罰金が科せられるのでご注意ください。

また、フリーダムキャンプは「Selfcontained」と呼ばれるマークがついたトイレやキッチンが完備されたキャンピングカー限定の場所です。特にトイレですね。フリーダムキャンプができる場所にはトイレがありません。

で・・・テカポ湖でフリーダムキャンプをしたかったんですが、この周辺はフリーダムキャンプ禁止区域となっていて断念。

前述のアプリで調べたら、テカポ湖からワナカに向かう道中にはいくつかフリーダムキャンプができる場所がありました。

そこで、私たちはプカキ湖 Lake Pukakiの湖畔にあるフリーダムキャンプに一泊しました。



到着したのは夕方遅くなんですが、こんな感じにすでに多くのキャンピングカーがいました。



他のキャンピングカーは湖畔に泊まっていたのですが、我が家は「見晴らしがいい場所」と欲張って、ひとつ前の写真のような景色が見張らせる小高い丘のてっぺんに停車。

元々強かった風はどんどん強くなり、一晩中かなりの暴風が吹き荒れていて、何度も目を覚ましては「このまま車ごと飛ばされてしまうのではないか?」「やっぱり、下の湖畔に泊まった方が良かったのではないか?」とドキドキしていました・・・



一晩明けて翌朝目を覚まして外を見れば、こんな景色。気持ちのいい朝でした。



プカキ湖 Lake Pukakiも青い空と青い湖の青い世界で、テカポ湖に負けず劣らずの美しさです。

このフリーダムキャンプの場所からワナカ方面へ少し進んだところに展望ポイントがありました。



テカポ湖からワナカ方面(または逆)へと通る方は、小休止がてら寄ってみるのをお勧めします。
同じカテゴリーの記事【NZ南島キャンピングカー旅行記2016年12月】
このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。