☆ニュージーランド通信☆

缶コーヒーの中身は何?目からウロコの爆笑アイデア!

ブログ★日々徒然
2018年2月10日

我が家は、自宅でBed & Breakfastというタイプのホームステイ型の宿泊施設をやっているのですが、普段は宿泊されたお客様のことはあまり書きません。

ただ、今回は目からウロコのアイデアに家族全員が大爆笑したので、お客様の了解を得た上で投稿することにしました。

2月6日から3泊4日でご宿泊いただいたご主人のSさんと奥様のKさんのNご夫妻。3泊とも私たち家族と夕食を共にしました。お二人とも気さくな方でとても楽しい時間を共有させていただきました。

さて、ご夫婦は2人ともとてもアルコールがお好きな方で、夕食の時も一緒にワインを傾けながらワイワイと食事をしました。

1泊目の夕食の途中で、Kさんが「あれを持ってくるね。」というようなことをおっしゃって離席。

戻ってきた彼女が持ってきたのはこちら。

coffeewine1.jpg
《決してジョージアの宣伝ではありません。》

私は「え?缶コーヒー?コーヒーが飲みたかったの?」と思ったものの特に何も言わなかったんですが、次の瞬間、Kさんは缶コーヒーのふたを開けるとワイングラスへ注ぎ始めました。

「ん!?」

缶コーヒーから出てきたのは、なんと赤ワイン!

何度となく海外に出かけているNご夫妻ですが、いつも困る(?)ことがあったそう。

ニュージーランドもそうなんですが、海岸などの公共の場でアルコールを飲んではいけないという決まりがある国は少なくありません。日本のようにビーチで宴会や飲酒なんてことができないんです。

そこで、缶コーヒーにワインを入れてビーチで飲むようになったとか!(笑)

coffeewine2.jpg
《こんな感じ?空のワインボトルですが写真撮影にSさんが協力してくれました。》

いちばん最初のきっかけは忘れてしまったそうですが、数年前から始めたそうです。

ジェットスターなどの格安航空会社の飛行機では飲み物を買わなくてはなりませんが、酒好きの二人にはアルコール代もバカになりません。そこで、格安航空会社の飛行機に乗る時にも同じ方法を使えることを発見(笑)!

この方法の大事な点は日本の缶コーヒーや缶の飲み物で、上の写真のように蓋付きのものでなくてはなりません!海外では、少なくともニュージーランドではこういう缶のドリンクを見たことがありません。(そもそも日本は缶の飲み物とその自動販売機の天国です!)

なので、海外旅行に行く時お二人は必ず缶コーヒーの空き缶を持参するそうで、逸話や関連する話はいろいろあり、我が家は家族全員おなかを抱えて笑ったという感じです!

夕食3回とも、食卓には昼間余った缶入りワインがありました(笑)

今度日本に里帰りした時には缶コーヒーの空き缶を持って帰ってこようかな・・・

☞【Sakura Lodge Bed & Breakfast】


このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。



ブログ★日々徒然