☆ニュージーランド通信☆

サイクロン接近中。この夏のニュージーランドの天気、どうにかしてほしい~!

ブログ★日々徒然
2018年2月19日

ただ今ニュージーランドにはサイクロン「ギータ Gita」が接近中です。

サイクロン「ギータ」は先日、トンガで大きな被害を出したものです。勢力を表す5段階の指標では最も強い時で「カテゴリー5」、つまり最強のサイクロンに分類されていました。

トンガでは家の屋根が飛ぶ被害が出たり、国会議事堂にも被害が出たそうです。作物は壊滅状態と言われています。また大規模な停電が起こって、電力が必要な水道のポンプが作動しなかったため水の供給が大変だったそうです。

そのサイクロンがニュージーランドに向かっています。

18_Gitablog_pic11.png
【Met Service】より

2月20日にニュージーランドのちょうど真ん中あたりを通過するようです。勢力は弱くなっているものの、特に通過されると思われている周囲では注意、また注視しておいた方がいいと思います。

18_Gitablog_pic2.png
【Met Service】より


ここ数日のパイヒアの天気の悪さもこのサイクロンの影響によるものと思われますが、この夏のベイオブアイランズの天気、というより、おそらくニュージーランド全国的におかしな天候が続いています。

他の地区の実際の天候は詳しくはわからないので、ここではベイオブアイランズとノースランド地方の話です。

20180219.jpg

今日はご覧のようにまあまあいい天気ですが、相変わらず雲は多く、いつまた雨が降るかドキドキしながらも洗濯物を外に干しています。(笑)

2日前はこんな感じ。

20180217.jpg

そして、上の写真のような空が多いのがこの夏なんです。

12月は比較的暑く夏らしい天候が多かったのですが、今年1月4日の【ザンネンなシンネンの始まりのベイオブアイランズですが・・・ 】でも書いたように、今年は新年早々から雨続きのスタートでした。

1月は雨と晴れが1週間おきにやって来るといった感じの天候が続く一か月でした。

そのためキャンプの予定を変更もしましたし、予定していたほどビーチや湾内の島にも行けなかったし、その他アウトドア系の予定もボツになったりで・・・子供たちには散々な夏休みだったのではないでしょうか。

例年的には2月は一年でいちばん暑い月であると同時に、いちばん天候が安定している月なんですが、今年は2月に入っても雨続きで半分くらいは雨でした。先週はほとんどが雨・・・

metservice1.png

今朝見たニュージーランドの気象庁【Met Service】のパイヒアの5日間予報が↑こちら。

ベイオブアイランズはサイクロン「ギータ」の通過経路からは外れているので今週は何とか晴れ間が見られそうですが・・・

そして、この夏のもうひとつどうにかしてい欲しいこと。

この夏はとにかく暑いんです。ニュージーランドは日差しは強く、暑いというより痛いという感じなんですが、日陰に入ればそんなに暑くはないんです。寝苦しいと思う夜もシーズン通して1晩か2晩ってところでしょうか。

それがこの夏は暑い!蒸し暑い!通常日が沈むとかなり涼しくなるのですが、夜になっても全く涼しくならない!

日本の夏の蒸し暑さに比べたら比ではないですが、昼間さほど動かなくても体がベタつくほどに汗ばみます。通常は滅多にないことです。

大晦日の新年の花火も例年は寒くて冬の上着を着たり毛布などをかぶって見る感じなんですが、この間の大晦日は全然寒くなく普通の夏の恰好で大丈夫だったくらいです。

日本は寒くて雪が多い。ニュージーランドは暑くて雨が多い。どちらもいつもとちょっと違うようですね。

今日も一日蒸し暑いです!


このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。



ブログ★日々徒然