☆ニュージーランド通信☆

娘のBALLデビュー ~シンデレラになれる日~

ブログ★日々徒然
2018年8月22日

もう3週間ほど前の話なんですが・・・

「BALL」というイベントが学校でありました。

BALL?ボール?スポーツイベント?

いえいえ、そうではなくて、「舞踏会」です。アメリカでは「プロム」と呼ばれているようですね。

学校によって若干の違いはあるようなんですが、娘が通っている公立高校では11年生から13年生の生徒が参加できる、かなり気合の入ったイベントです。

学校主催のもので、強制参加ではないのですが、多くの生徒、特に女子の参加率は高いみたいです。

舞踏会なんて未経験の日本生まれ日本育ちの私。準備段階からカルチャーショックと何をどうしていいのやらで右往左往というか、ほぼ娘に丸投げ。

女子はずい分前から友達同士であーだこーだやっていました。

まず、ドレスはフォーマルドレス。ミニ丈のものはダメです。

このドレスを探すのも大変。紆余曲折の末、娘のドレスはオークランドに行って買いました。初のハイヒールも買いました。

友達同士であーでもないこーでもないと言いながらメイクアップの練習もして、前日にネールもやり、娘はやりませんでしたが、当日美容院に行って髪の毛をセットしてもらった子もいました。

そして、迎えた当日。

ball1.jpg
《入口入ったところで》

もちろん、BALLそのものには親は行きません。

ですが、「Pre Ball プリボール」というものに誘われ、BALLの前にあるお友達の家へ。「直前お披露目パーティ」とでも言いましょうか。ちょっとしたおつまみとドリンクでのミニパーティです。

この子の親は気合入っているなぁと思っていたのですが、実は昔から伝統的のようにあるようです。中にはプリボールのはしごをしていた子もいたくらいで、いろいろな家でやっていたようです。

さて、BALLは夜7時半開場で、8時半にドアが閉まってしまいます。そして、ドアが閉まった後は終了の夜中0時まで出入りはできなくなります!

舞踏会というくらいですから、当日の前に3回ほど学校で社交ダンスの練習があったそうです。

ball2.jpg
《特設撮影コーナーで》

顔は隠させていただいたので顔をお見せできなくて残念ですが、お化粧もしているため、あなたたち何歳!?って感じです。ここに写っているのはみんな日本だと高校1年生です。

0時終了なんですが、なんとその後13年生主催の「After Ball アフターボール」という二次会もありました。この時は普段の服に着替え、娘の話によると、所謂昔で言うディスコ、今で言うクラブという感じだったそうです。ずっと騒いで、笑って、踊るというかずっとジャンプしてた感じと言ってました(笑)

当たり前ですがアルコールはダメです。BALLそのものは学校主催ですが、アフターボールは子供主催なので、会場に数人の警察の方が監視してくれていたそうです。

娘の話によると、入口では荷物チェックがあり、脇のテーブルには没収された酒類が並んでいたとか・・・

そして、アフターボールが終わったのが午前3時!!!

BALLからアフターボールへの移動はある友達のお父さんが女子4人を連れていき、アフターボール終了時はその日泊りに行った友達の家の親が女子4人を連れて帰ってくれたので、我が家は夜中に眠い目をこすりながら運転することなく済んでしまいました。ありがとうございました!

こうして舞踏会は無事終了しました。娘、本当に楽しかったようです。と同時に、かなり疲れたようです・・・って、当たり前ですよね(笑)

このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。



ブログ★日々徒然