☆ニュージーランド通信☆

ニュージーランドの在オークランド総領事館のサービスはそんなに悪いの?

ニュージーランド★情報 / あれこれ
Googleで在オークランド総領事館を検索をすると、その低評価に驚きます。

2年ほど前は評価は2.8。

つい先日(2021年3月)見たら、ちょっと上がって3.2。ついでにウェリントンにある在ニュージーランド日本国大使館を見てみたら、2.6!

え?なんでそんなに低いの?と、Googleのクチコミという項目を見てみました。

まず、多かったのが「very rude」、つまり「非常に失礼」な態度だったというコメント。

へぇ。そうなの?

次に気付いたのは、☆の数がほとんどが1つか5つという両極端だったこと。

何個か4個というのもありましたが、コメントも含め両極端。

どういうこと?

japanflag2.jpg

私が在オークランド日本国総領事館へ行った時の様子は・・・

アジア系の方が一組並んでいたので、その後ろに並び順番を待ちました。

次の方という声で窓口へ。パスポートを取りに来た旨を伝えると、申請ではなく受け取りですねと聞かれたので、そうですと答えると名前を聞かれました。名前を告げると、はい、ではあちらに掛けてお待ちくださいと言われました。

待つこと5分ちょっとで名前を呼ばれ、無事新しいパスポートを受け取りました。

で。

特に失礼な態度もなかったんですが・・・

ただ、もちろんフレンドリーで笑顔になる対応だったかというとそんなこともありません。

所謂、お役所的な普通の対応かな・・・という感じです。

郵送で申請した際に電話での対応もあったのですが、その時も特に普通で丁寧な対応だったと思います。

で。

あ!と思いました。

fujisan.jpeg

低評価をつけて、失礼な対応と書いている方の多くは日本人ではなかったんですね。

全部が全部というわけではないし、対応した人にももちろんよりますが、ニュージーランドのサービスはとてもフレンドリーというか、フレンドリー過ぎのようなところがあります。

今は慣れましたが、元々フレンドリーな主人が対応した店員さんや係の人と親しげに話しているので、「友だち?知り合い?」と後から聞くと全然知らない人ということはよくあります。

日本では、特に役所系の窓口では「お役所的な対応」ってありますよね。決してフレンドリーとは言えないし、笑顔がないことがほとんどだと思います。時にはちょっと失礼というか冷たいというか融通が利かないというか、そんな風に感じる時もありますよね。

例えばニュージーランドに来たことがある人は必ず通ったことがある、ニュージーランドの空港のパスポートコントロールの人や税関の人は決してフレンドリーな対応ではないことが多いと感じます。中にはフレンドリーな人もいますが、ニュージーランドでも公的サービスの対応はややフレンドリー感は少ないと個人的には思います。フレンドリーにやっていたら、時間がかかるからというのもあるかもしれません。

でも、私が受けた在オークランド日本国総領事館での何度かの対応は、日本人から見たら普通に丁寧なものだったと感じるものだと思うのですが、笑顔もない対応は外国の方々には失礼なものと感じるのではないのかなと思いました。

ニュージーランドに住んでいて、こちらの人からいただく日本や日本人への評価はほとんどが良いものです。

よく働く。親切。優しい。清潔。正直。食べ物がおいしい。サービスがいい。等々。

日本国総領事館に行くということは、何かしら日本に興味があるとかビザを申請して日本に行く予定がある人とか、ある程度日本に関わりがあっていろいろ調べたりしている人たちだと思うんですね。

私が思うに、日本への理想というかが大きくなりすぎてたりして、「お役所的対応」に衝撃を受けてしまうんじゃないかなぁという個人的結論に達しました。

思い込みと文化の違いをわかってないため、勝手に怒ってる?みたいな感じでしょうか。

とはいえ、日本人の方も低評価をつけている方はいます。その方たちの共通する意見は、日本人以外の方の評価と同じく「高圧的な態度」でした。

う~ん。むずかしいですね。

関連記事:

同じカテゴリーの記事【ニュージーランド★情報 / あれこれ】
ふるさと納税で
☆NZマヌカハニーアイスクリーム☆


このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。