☆The Kiwi Times☆
ニュージーランド通信

ニュージーランドのコーヒー文化 アメリカンが飲みたい!      

ニュージーランド★ガイド 文化/歴史/生活
コーヒーはブラック派ですか?

砂糖は入れますか?

ミルクは入れますか?

ラテやカフェオレが好みですか?

人それぞれいろいろ好みがありますよね。

私は砂糖なし、ブラック派なんです。

cafe4.jpg

日本では、その時の気分によってホットとか、ブレンドとか、アメリカンとかを頼みます。

では、私みたいにブラック好きの人や、ラテのようなものではなくブラックのコーヒーにちょっとだけミルクを入れたい人は、ニュージーランドのカフェで何を頼めばいいのか?

超濃いエスプレッソ好きの人は別ですが、答えはロングブラック(Long Black)です。

でも、このロングブラックも私には結構濃いんです。

そこで、ここ2~3年で市民権を得てきたのが、アメリカーノ(Americano)です。日本で言うところのアメリカンです。

少し前まではアメリカーノが通じるカフェとそうでないカフェがあり、薄めのロングブラックと言ったり、ロングブラックにお湯を添えてくださいとお願いしたりしていましたが、ここ1年くらいはコーヒーメニューにアメリカーノが書いてあるカフェも増えてきました。

日本にもよくあるドリップコーヒーがあるカフェは・・・

ん~・・・ないと思います。

ただ、このアメリカーノですが、かなり曲者なんです。

カフェによってかなり違いがあります。

アメリカーノと頼んでいるのに、「これ、ロングブラックでしょ!」(つまり超濃い!)っていうところもあります。

かと思うと、これは一ヶ所でしか経験していませんが、「薄いコーヒー色したお湯」ってのもありました。バリスタ呼んでこ~い!って感じです。それともコーヒー飲んだことないのか!?

cafe5.jpg

こんな感じにはじめからお湯を添えて、お好みでどうぞ!ってところもあり、この方法はある意味親切です。

パイヒアには私の好みを覚えていてくれて、安心してアメリカーノを頼めるカフェが3軒ほどあります。それ以外のカフェや特に初めてのカフェでは、必ずお湯を添えてくださいと頼みます。

ミルクを好みで入れるのが好きな方は、聞いてくれるところもありますが、ミルクを添えてほしいと頼めばOKです。

関連:

このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

1548733008035.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。



できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ニュージーランド★ガイド 文化/歴史/生活