☆The Kiwi Times☆
ニュージーランド通信

映画「Fukushima 50」を家で見よう!

ブログ★日々徒然
2020年5月4日

ニュージーランドの今日の新型コロナウイルス感染者はなんと0、ゼロ人です!といっても一日だけでは安心できませんが、まずはニュージーランドの500万人のチームで頑張った成果ですね!

まずは一息ですが、ニュージーランド在住のみなさん、気を抜かずにがんばりましょう!

さて、2011年3月11日はどこで何をしていましたか?

私はしばらく日本に住む予定で、住む場所などを探すために家族より一足先に東京に到着していました。あの日は母と買い物に出かけた帰り道歩いている時に地震がありました。

その頃、あの福島第一原発で起こっていたことを描いた映画が「Fukushima 50」です。

門田隆将さんのノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)を元に映画化したものです。



「Fukushima 50」というのは、あの日福島第一原発に残って頑張り続けた人たちのことを、海外メディアが名付けたものです。

3月6日に公開され、見たいと思っていたのですが、私はニュージーランドにいるため見ることができません。

そんな時、新型コロナウイルスの自粛の中、この映画がネットで有料(1900円)で見ることができるようになったと知りました。劇場上映中のネット配信は異例なことだそうです。

現在18の配信サイトなどで見ることができます。詳しくは下記公式ページをご覧ください。

とは言っても、私は日本にいないからなぁとあきらめモードだったのですが、Google Playでも見ることができることを知り探してみました。

・・・

あー、やっぱりダメだった・・・(泣)

・・・

でも、念のため娘のアカウントでやってみました・・・

なんと見ることができました!!!

私のアカウントを日本にしよう(?)と思ってもできなくてあきらめていたのですが、娘は日本にいる時にアカウントを作成したのだろうか?

ちょっと詳しくはわかりませんが、海外にいらっしゃる方もやってみたら見ることができるかもしれませんよ。



このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

1548733008035.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。



できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ブログ★日々徒然