☆ニュージーランド通信☆

先生をファーストネームで呼ぶ文化

ニュージーランド★学校 / 教育 / 子供たち
school2010-2.jpg
≪ちょっと古い写真なんですが、ニュージーランド人の小学校はこんな感じ。これは朝の会の様子。≫

現在はHigh Schoolに通う我が家の2人ですが、今日ちょっと用事があって2人が通っていた小学校に行ってきました。

それで、娘が小学校、いやいや、幼稚園/保育園に入った時から文化の違いを感じた小さなことを思い出したので、ここに載せてみようと思います。

日本では考えられませんが、先生をファーストネームで呼びます。先生も保護者のことをファーストネームで呼びます。

と言っても、幼稚園や保育園では子供たちも先生をファーストネームで呼んでいましたが、小学校では子供たちは苗字にミスターやミセスなどをつけて呼びます。

ファーストネームで呼ぶのは保護者たちですね。

今は抵抗はありませんが、はじめの頃はなんとなく慣れませんでした。

私としては先生は先生。でも、英語に日本での「先生という呼称」にあたる言葉はないので仕方ありません。

school2010-6.jpg
≪こちらも古い写真ですが、小学校の授業風景。≫

先生たちのファーストネームを覚えるのも大変。子供たちは苗字で呼ぶので時々それ誰?となる時があると同時に、私が子供たちに先生のことを話す時は苗字を使わなきゃならないので「あれ?苗字なんだっけ?」となったり・・・

時々、面倒くさ~いと思った時も(^_^;)

High Schoolに行き始めてから、小学校の時に比べると学校の先生との接触が激減しました。周りの人が話しているのを聞いているとやはりファーストネームですし、先日先生からメールを受け取った時も出だしは私のファーストネームでした。

ファーストネームがメインの西洋ならではですね。

このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。



ニュージーランド★学校 / 教育 / 子供たち