☆ニュージーランド通信☆

ニュージーランドのおこづかいの稼ぎ方

ニュージーランド★学校 / 教育 / 子供たち
2017年2月20日



週末の息子のひとこまです。

ご近所の家の芝刈り中。

ニュージーランドと日本のおこづかい事情はかなり違います。

日本では、私の子供の頃や今知っている限りで言うと、「1ヶ月○○円」という感じでおこづかいをもらっていますよね。もちろん、そうじゃないという家もあるとは思いますが・・・

ニュージーランドではおこづかいは基本的には自分で稼ぐものです。

新しいスマホが欲しい息子は「お仕事」に精を出しています。

我が家の芝刈りもやります。

庭仕事もやります。

車も洗います・・・等々

という感じでおこづかいを稼いでいます。

他人の家でやった方がもらえる金額は多いのですが、ご近所での仕事はまだまだほとんどないので、塵も積もれば山となるで家での仕事も一生懸命がんばっています。

息子の友だち(12歳)は、無料の地域新聞と広告を家々のポストに配る仕事をしています。

娘は現在は息子ほど稼ぎたい感が高くないので、家での仕事にはやる気がいまいち欠けています。

14歳になり、ベビーシッターができるようになったのでご近所に宣伝してはいますが、まだオファーはゼロです・・・

何もしなくても毎月おこづかいをもらえるのがいいのか?

お金を払わないと家の手伝いをしてくれなくなることはないのか?

おこづかい一つとっても、文化の違いにやや戸惑ってます。


このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。



ニュージーランド★学校 / 教育 / 子供たち