☆ニュージーランド通信☆

ワイタンギ Waitangi

ベイオブアイランズ★基本情報
ニュージーランドの歴史を語る上で外せないのがベイオブアイランズなんですが、その中でもワイタンギはとても重要な位置を占めています。

というのは、1840年にイギリスと先住民族のマオリ族との間でワイタンギ条約と呼ばれる条約が結ばれた場所がワイタンギなんです。

ワイタンギ条約に先駆け、1833年から1840年にかけてイギリス政府の代理としてニュージーランドへ派遣され、マオリとの交渉にあたったジェームズ・バズビー James Busby一家の住居があったのもワイタンギです。

マオリ語でパケハ Pakehaと呼ばれる白人が最初に住んだ場所ということですね。

waitangi1.jpg

その住居があった一帯は現在ワイタンギ条約記念公園となっていて、私たちにその歴史を伝えてくれています。

また、海を一望しながらプレーを楽しめるゴルフ場があります。

DSC_2696.jpg

DSC_2699.jpg

ゴルフ場の真ん中に一般の道路が走ってます。

waitangi5.jpg

ワイタンギという名前の「Wai」は水に関わるもの(川や海)を意味し、「Tangi」は悲しいということを意味しています。

部族間で繰り返してきた戦い、そしてワイタンギ条約後も西洋人と幾度となく戦ってきたマオリ族。ワイタンギはそんな戦いの戦場にもなり、多くの人が命を落とした場所でもあるのです。

ちなみに、お通夜やお葬式を意味するマオリの儀式も「タンギ Tangi」と呼ばれます。参列したことはないのですが、伝統に則ったタンギは数日かかるそうです。

waitangi4.jpg

ワイタンギに行くには、この一車線の橋を渡ります。

ワイタンギには何がある?何ができる?


Coming soon!
【ワイタンギゴルフ場 Waitangi Golf Club】
【マウントブレディスロー展望台 Mt Bledisloe Lookout】
【ワイタンギ マウンテンバイクパーク Waitangi Mountain Bike Park】

関連情報:



ワイタンギを空から見てみよう!


☞【ベイオブアイランズの宿泊施設】
☞【ニュージーランドの宿泊施設】




同じカテゴリーの記事【ベイオブアイランズ★基本情報】
このサイトについて


数あるサイトやブログがある中、当サイトにお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ニュージーランドに初めて来たのが1995年2月。ニュージーランド人に嫁いで早24年。

北島のベイオブアイランズというニュージーランドでは人気のマリンリゾートに、キウイ(NZ人の愛称)の主人と2003年生まれの娘と2005年生まれの息子と住んでいます。

robertonisland.jpg

日本人にはまだ知名度が高いとは言えないベイオブアイランズを中心とした観光案内やニュージーランド情報をガイドブック的にお届けしていると同時に、日々の生活やニュージーランドのニュース、私のインスタグラム投稿を裏話などを添えながらブログとして発信しています!

できる限り正確な情報をを心がけているとともに、古い情報は見直しと更新をするようにはしていますが100%とは言い切れません。情報源サイトなどのリンクがある情報はそちらのサイトも併せてご参照ください。

当サイト全般、特に日本語では情報の少ないベイオブアイランズに関する簡単な質問でしたら、こちらからメールでお問い合わせください。わかる範囲でお答えします。

ベイオブアイランズってどこ?どんなところ?という方は、まずはこちらをぜひご覧ください。